RIDER:Kenichi MiyashitaLOCATION:Madarao, JapanPHOTO:Junichi Koshimizu

TOPICS

また一歩理想に近づいた

kossymix snowsurf wax

そろそろ悩みを解消しよう

いつも悩んでいた…

狙う日の天気を調べながら雪質を予測してワックスをチョイスすることへの限界があるということに 従来のワックスは競技用に開発されたもの、そのレース一本で勝負し勝つためのワックスだ ぼくらが滑る条件とは全く異なる
朝から昼、調子が良ければ午後、そしてナイターまでだって滑りたい日もあるし、トリップに出ればホットワックスをかける環境なんてなかったりする
簡単なワックスチョイスと刻々と変化するその状況に現場で調整出来ることも考えたい

人より速くなくてもいい、走らないところで走る(滑る)ストレスの少ないワックス

そんなワックスを作りたく世界のレースシーンで活躍する柏崎氏に相談しテストを繰り返して作り上げたフリーライディングワックス、kossymix snowsurf wax

敵はいない、自己満足のワックス

product

the history

2009年kosssymix originalのテスト開始
春の草津からテストをはじめ、湯殿山、蔵王、かぐら、鳥海山…この春はとにかくいろいろなところで滑った
一つのワックスでシーズンを通して使う、滑らないときはKashiwaxのペーストやリキッドを使い現場調整で補う
2010年2009年のシーズンはじめの丸沼の人工雪から厳冬期のニセコを通して1シーズンのテストをし、その年の8月にkoshi-mixとして現在のkossymix originalの販売をスタート
2012年1月ニセコでかなり冷え込んだ朝一、狙っていた温度域で走らず悔しい思いをした
1個で大丈夫だと考えていた自分だったが、ここでより冷え込んだときと更にソールに対してダメージの大きいコーンスノーや人工雪用にと考えkossymix hardの開発を柏崎氏に依頼する
厳冬期から春コンディションまでのテストをし、従来の低温域でのワックス=硬いワックスという概念を覆す凄いワックスが開発された
2012年8月kossymix hardを発売
低温域でのワックス=硬いワックスという概念を覆す凄いワックスが開発された
このhardの販売を機にkoshi-mixからkossymixにブランド名を変更する
2013年3月3シーズンに渡りテストをしてきたwet & dirtyコンディション用リキッドワックス nano diamond 現在のkossymix Liquidを発売
湿雪と特に汚れた雪ではかなりの滑走性能が得られたが、テスト段階では塗りムラがでてしまうことや、1シーズンでワックスが沈殿してしまうということがわかり販売は保留、柏崎氏の研究により難しかったナノダイヤモンドをリキッド状のワックスの中に安定して定着させる技術をつくりあげたことにより満を持しての発売に至った
2014年2月生塗りワックスkossymix N.D. RUB ON発売
なによりもこのツルツル感と持続性に驚いた テスト中にはリフト待ちで何度か転けたこともあるくらい滑る
2014年6月待望のベースワックスkossymix N.D.Foundation発売
ベースワックという域を超えて、ベースを作りながら滑走面をグレードアップさせるという新発想のワックスの登場
2015年6月液体ベースコンディショナーのSerumとToner発売
ナノダイヤモンドを滑走面にふんだんに拡散させることにより、滑走面のキメを整え、滑走面自体の抵抗を軽減し滑走性能の持続性と汚れを付きづらくすることが可能に

Partner

kossymix friends

Snowsurf

  • Hayato “BUBBLES” Maruyama
  • Kenichi Miyashita
  • Kensuke Numano
  • Shinji Sato
  • Haruna Kito
  • Momo Miyaoka
  • Kenji Shibata

Ski

  • Ryo Tateshima

Partnership

  • GENTEMSTICK FACTORY TUNE
  • Sheesa Camp
  • SLOPE PLANNING
  • HIGH FIVE mountain works

Certified Meister

dealership